2010年10月13日

深夜の飲み会

金曜日のフットサルの後サッカー

私の取引先兼友人のお店が8周年ということで

お店へバー

ものすごい、花が贈られていましたかわいい

昼も夜も寝る間を惜しんで働いてきた
8年間の結晶ということでしょう

グレート




そして、その後はこれまた私の取引先兼友人Mさん
久しぶりに会うことに
Mさんからは何百人という賃貸のお客さんを紹介して頂いておりますグッド(上向き矢印)

その友人は夜1時30分くらいにしか仕事が終わらないので
深夜2時からの飲み会スタートビール

Mさんは私の2つ年下
お互いに新社会人になったころからの知り合い
その当時、Mさんは布団の訪問販売の会社大手に勤務

私はその会社のお部屋探しを専属的に受け持たせていただいておりました

布団の訪問販売会社の可愛がりときたら、
そりゃー凄いものがありましたふらふら

もう16年くらい前の話ですが
夜23:00近くになると私はその会社に行き、
営業への可愛がりタイムが終わるのを待ち

その会社の新入社員3〜4人と一緒に
賃貸物件の案内を行いました家
物件の案内というものの
室内を見ることは稀

ほとんどの方は
私が車で物件の前まで行き
口頭で「こちらの物件が1Kで洋室8帖、フロトイレ別で5.5万円です
といった説明をすると

誰かが「じゃー僕はここでお願いします。部屋は見ません

という声が

そうなんです、昼の営業可愛がりヘトヘトになった彼らは
部屋を見る元気もなく
早く終わらせたいという感じ


この中に居た1人がMさんでした

私もたくさんの営業を見てきましたが
彼は違っていましたぴかぴか(新しい)

負けず嫌いというか、真っ直ぐというのか
正義感が強く激しく
信じるもののためには少々のことは飲み込んでいく
そんな仁義に厚い、珍しい男です



そんなMさんとはそのときから
ずーーとビジネスでお付き合いをしていたのですが
最近になって、共に長く戦ってきた戦友のような思いが芽生え
電話では、お互いに色々なことを相談しあう仲

Mさんは今まで、仕事一筋で突っ走っていました手(グー)
多分5年に1日くらいしか休んでいないと思いますがく〜(落胆した顔)

しかし、最近生きるか死ぬかの大病を患い
人生観が少し変わったみたいです左斜め上

少し、ペースを変えないと
守らなければならない会社も守れなくなってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

自分の心と体の限界を超えて働くのも時には必要ですが
やはり歳を重ねれば、周辺の後輩達をしっかり指導して
自分の代わりが勤まるような後輩を輩出することも必要でしょうわーい(嬉しい顔)


彼もそんなことを考えているようです

病気になれば気力も失いかねません

健康に気をつけて

お互いに、あと半分の人生を

思いっきり楽しみましょうexclamation×2












posted by ミライクン at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする