2013年01月22日

クルム篠原

ブログの更新が無い手(グー)ちっ(怒った顔)

服部半蔵から言われたので

更新します手(チョキ)


最近は仕事ばかりしていて
フットサルがなかなかやれていませんが、
いよいよ県リーグも最終節

TRICO.SCは老人主体(最高齢は49歳)のチームですが
それでも頭を使って戦えば、
やれることを証明したいところですひらめき

年寄りならではの戦い方
405060代でも若者と対戦しても戦える形を作りたいですねーグッド(上向き矢印)
それが実証でき、チームが盛り上がれば
年配の生徒がもっと増えると思います

フットサルは歳をとっても、
若者となんとか戦える可能性を秘めた競技だと思います手(グー)

歳をとってくると、個人で打開を図るのはかなり難しくなります
サッカーをメチャクチャ経験していて、ある程度以上のレベルに到達していれば、
そういうレベル間でのイメージ共有があり、
少ない時間で連携も形造ることも可能でしょうが
そういうメンバーはいないので
もともと持っているスキルやイメージなどで連携を形造るのも
ちょっと難しいところでしょうふらふら

そうなると、阿吽の呼吸における連携をもって戦うことが必要ではないかと考えます。

老夫婦の間によく言われる
この阿吽の呼吸

夫がお茶exclamation
と言わなくても
妻がお茶を出してきたり

などなど
他にもたくさんの阿吽の呼吸があると思います

この阿吽の呼吸を使えるのは
やはり年配者だけでしょう

この阿吽の呼吸は、知らない相手とガチンコで戦う大会などに出場し、
負けない為の戦い方を考えに考え、実践し、
勝利する回数が増えてくれば
自然と生まれてくるような気がします。

要はスキルレベルの低いメンバーにおける
一番最高の戦い方を模索する必要があるということです

但し、そこに助っ人が入ってしまうと意味がなくなるので、
純然たるメンバーでやらないと身にはならないでしょうから
注意する必要があります

これからは何人との間に阿吽の呼吸を作れるのかexclamation&question
これが私にとっての課題でしょうかぴかぴか(新しい)

神様から与えられた残り少ないプレイ時間を大事に使いたいと思います



ー追伸ー

年配でも戦えるとか書いときながら
ちょっと弱気な部分もあります
今年44歳
体が持つのだろうか!?
という一抹の不安も
いや
いや
やれるまで頑張ろうexclamation×2

あの人のように





posted by ミライクン at 06:59| Comment(5) | フットサル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連携は、チームではとっても大事ですが、少なくても個人的資質として必要な事は、“走り”だと思います。
走れなくなったら、競技としてのフットサルは…^^;
フットサルは交代自由ですから、最後のココ1番で頑張って走れるかどうかが重要です!
羽生さんの凄い所は、ココ1番でガソリンを使い果たしてもダッシュでゴール前に押し上げたり、戻ってディフェンスできる所です。
その代わり、給油の為の交代は必要となりますがね(^_^;)

師匠も1回、エンプティーになるまで走ってみたら如何でしょうか???

そうしたらクルムと名乗っても許されるかもね(^^)v
Posted by 幕僚長 at 2013年01月22日 13:43
走力、体力

そうですね

自分には全く欠けていますね

気持ちの部分もあるのですが
根本的に体力は無いですね↓

あんだけやってて
体力が無いのが自分でも不思議です????

そういわれれば高校のときもそうだったような気がします


ということで

クルム篠原

改め

ゴン篠原

ということで(笑)

Posted by at 2013年01月22日 16:34
>ゴン篠原

ふっふっふっ!

>気持ちの部分もあるのですが

自分のラグビー経験上、心が折れていなければ足は出ます!!
ゴン中山は努力と気持ちでJリーグ得点ランクトップに立った男。
師匠にゴン中山の気持ちが宿れば、それこそリーグ得点王間違いなしでしょう!?

最終節は大爆発が期待できますね(^^)v
Posted by 幕僚長 at 2013年01月22日 17:19
歳相応のプレイを身に付けなければならないのに、若者と同じプレイをして体のあちこちを痛めている自分に困っております。(^_^;)
といっても、結局はフットサルは走って何ぼなので、年配者に合ったプレイスタイルを見出すのは本当に難しいですね。(>_<)
Posted by ケンさん at 2013年01月22日 17:29
だいたいね〜『謹賀新年』見飽きたわ!(-`ェ´-怒)それにあんまり更新せんと死んだかと思われるよ( ̄∀ ̄)

阿吽の呼吸ね〜Σd(ゝ∀・)ワカルワカル

最終節には私もベンチに入ります。
アナタがヘトヘトになってベンチに戻り、私と目が合うだけで…(`・ω´・+)キラーン!

1.ディ介護サービス
2.救急車
3.霊柩車

アナタが何も言わなくともどれを呼べばいいのか即座に判断いたしますd(`ゝc_・´)

安心して全力で戦ってきてくれたまえ!ヾ(∀´* )
Posted by 半蔵 at 2013年01月23日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: