2015年03月06日

床の補修

水回りがある床の木下地は
どうしても痛みやすいようで
とてもそのまま使用できるような状態ではありません

DSC06941.JPG


ということで、その腐った床を剥がし
新しい構造用合板を貼り直し作業を行いました
四隅や、はめ込みがある箇所の切り出しは非常に難しかったです
DSC07055.JPG

出来あがりはこんな具合
DSC07051.JPG


合板の下のモルタルに下穴をあけ
コンクリート用のビスで固定しました
DSC07054.JPG

コンクリート用のビットは直ぐにダメになるので
作業する横に水を入れたバケツを置き
3秒機械を回したら
3秒水につけることを
マメに繰り返しました

ビットに焼を入れながら使うので
通常の数倍は持ち堪えるようですよ



posted by ミライクン at 00:00| Comment(0) | 工事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: